INTERVIEW 02

自動車業界の
技術の進化に貢献できる
やりがいを感じています。

岩瀬
2014年入社
車載開発課 営業

新しい分野へ先駆者的に取り組んでいくことが開発課のミッション

新しい分野へ先駆者的に取り組んでいくことが
開発課のミッション

私が所属する車載開発課は、新しい分野のお客様へアプローチをする部署。
いわゆる新規開拓を行っています。例えば、今自動車業界では事故を減らす取り組みとして「自動運転」の開発が進められています。
また、フロントガラスに速度表示やカーナビの情報を映し出す「ヘッドアップディスプレイ」など最先端の技術も次々と生み出されています。
そうした開発に役立つセンサーなどの生産材を探し出し、自動車部品メーカーへ紹介することが私のミッションです。
自動車業界の進化を肌で感じ、自分がそこに携わることができることに大きなやりがいを感じています。

さまざまな方向からのアプローチで成果につなげていく

さまざまな方向からのアプローチで成果につなげていく

新規のお客様にお会いする際に心がけているのは、「今日、何故お時間を頂いているか」を明確にお伝えすること。
東海電気と取引することのメリットだけでなく、デメリットになりうることも丁寧に説明しています。
初回訪問時にお客様のすべての情報を把握しているわけではありませんから、事前準備は欠かせません。
商談中に想定していたのと異なる課題がわかった場合は、その場でプレゼンのシナリオを軌道修正していきます。
また、単に生産材を紹介するだけでなく、複数の仕入先の生産材を組み合わせる加工まで当社でコーディネートするなど、さまざまなパターンで提案を行います。
商談はいつも緊張感がありますが、お客様の困りごとに対する解決の糸口が見えた時は手応えを感じますね。

営業スキルを磨きつつ、チャレンジをしていきたい

営業スキルを磨きつつ、チャレンジをしていきたい

学生時代は、何かやりたいことがあっても、それを実行する策を持っていませんでした。
東海電気に入社して変わったことは、「やりたいことを具体化するスキル」を身に付けられたこと。
たとえ自分に知識や技術がなくても、お客様や仕入先を探したり、社内の関係者を巻き込んでいくことで、大きな仕事を成し遂げることができることを知りました。
今は車載分野の新規開拓のみ行っていますが、今後は航空、宇宙、食品など他分野へもトライしていきたい。
お客様の課題を伺い、最適な仕入先を開拓する商社の営業スキルがあれば、夢では終わらないと思っています。

ページの上部へ

エントリー エントリー

エントリー