求める人物像

求める人物像

いいものを作りたいという興味・意欲がある方

東海電気のお客様はメーカー様が中心です。メーカー様はより良いものを作ろうと日々研究をされています。

  • お客様はどんなものを作ろうとしているのだろう
  • こんなものがあればもっと便利になるかも!
この気持ちが、ものづくりへの第一歩です。
興味があればある程、調べる質や情報へのアンテナは高くなり、お客様への提案や営業マンとしての質も上がります。

東海電気の営業はものを“売る”のではなく“開発する”お仕事です。
お客様と一緒にいいものをつくりたい、社会に価値を生み出したい意欲は大きな武器です。

アイディアをビジネスに変える力がある方

良いアイディアを持っていても、相手に正しく伝え、納得してもらえなければビジネスにはなりません。

  • 相手:誰に?年齢、会社での立場、その人の課題、会社の課題は?など
       ⇒相手の立場に立つ、とはこれらの情報を把握しておく事が前提です。
  • 伝える:方法は?態度、言葉遣い、資料、タイミングなど
       ⇒自分の言い分だけを押し付けることではありません。

そして近年はビジネスのグローバル化が進んでいます。 今までにない価値観や異文化前提での開発も増えています。 目の前のお客様だけでなく、社会全体の文化的な理解が必要なのです。

相手を理解して、納得してもらえるように工夫する力が求められます。

人材育成企業として ~教育方針~

東海電気流のT型人材育成

T型人材育成

  1. 1 まずは基本を大切に (Tの横棒)
    何事も、基本が大切。業務に必要な幅広い商品知識、当社での納品事例、 他社での活用事例などの基礎知識は営業のベースになります。
    また、お客様は一流企業ですから、ビジネスマナーや文章作成力といった基本的なビジネススキルについても、高いレベルで求められます。
    自分の何がいけなかったのか、 毎日自問自答しながら、一歩一歩レベルアップしていってください。
  2. 2得意な分野を作る (Tの縦棒
    自分の経験を通して、社内の他のスタッフから、そしてより多くのお客様から頼られるように、自分だけの得意分野(商品分野、産業分野)を構築していってください。
    「あなただから」というヤリガイを持った人生を送りましょう。
  3. 3中心にあるものは、仕事への「熱意」 (Tの縦棒と横棒の交差点)
    すべての根本にあるものは、自分の成長を、誰かの役に立てたいという仕事への熱意です。
    あなたの熱意に周囲を巻き込みながら、大きな成果を成し遂げていってください。

ページの上部へ

エントリー エントリー

エントリー